乾燥肌

乾燥肌対策

乾燥肌は潤いが失われ、カサカサになっている状態です。この状態はドライスキンとも言われています。一般的に皮膚は、皮下組織、真皮、表皮から構成されています。表皮の外側の部分は角質層と言い、外的刺激から肌を守り、水分を維持する機能を有しています。しかし何らかの原因で角質層のバランスが崩れると、肌が乾燥してしまうのです。 乾燥から守っている成分にはNMFやセラミドがあります。NMFは表皮の保湿機能を保っていますが、ちょっとした原因で減少することがある為、保水力、潤いがうしなわれてしまい、乾燥状態が起こります。このセラミドは細胞間脂質で、細胞と細胞の間の接着剤の働きをしていて、外からのウィルスや細菌から肌を守るバリア機能があります。セラミドが減少すると、外からの刺激に過敏になってしまい、かゆみが発生します。 乾燥肌の改善対策には、正しいスキンケア、生活習慣、食生活、入浴方法の改善などがあります。保湿が重要と考えられていますが、それは表面的なケアで、内面的なケアも重要になります。

乾燥肌を治す方法

乾燥肌は乾燥して乾いているのですから何といっても保湿を重視したケアが重要になってきます。肌がカサカサしてきたなと思ったら水分と油分をバランスよく取ることが大切です。 これは肌の再生、ターンオーバーが衰えてくると起こってきます。肌が生まれ変わらず、余分な角質が貯まり、結果的に、いくら肌のケアをしても一向に効果が上がらない状態になります。 潤いのある肌にするには、まずは土台をしっかりと作ることが重要になってきます。まずは洗顔をしっかりとする事。乾燥を恐れて洗顔を怠ると肌は呼吸できなくなりますます再生機能を失ってしまいます。 潤いを保つには保湿を重視した洗顔商品を選んで、肌を傷付けないように、優しく汚れを落とすことが重要です。最近は泡立ちの多い商品が主流となっていますので、手のひらでしっかり泡だてた後、泡で洗う感覚で優しく洗顔をし、肌をいたわるイメージで洗顔を行うようにすることが大切です。スキンケアは

塗って寝るだけ!洗い流さない保湿パック