歯磨き

歯磨きの仕方

歯磨きの方法は実はとても重要なことってあまり知られていませんが、磨き始める時間帯だったり、磨く順番だったり、せっかく磨いても効果が半減することもあるようです。 ものを食べた直後の口の中は酸性になっているのですぐに磨き始めると、歯のエナメル質が弱くなっているので、歯磨粉に含まれる研磨剤によりキズが付いてしまい、逆に虫歯の原因になってしまいます。これを防ぐ為、食後40分後くらいが理想的と言われています。 あくまでも、プラークと呼ばれる歯垢を取るので、奥歯から順番に、あまり力を要れずに磨くのがポイントです。歯垢は歯と歯茎の間にたまるので、この場所を歯ブラシで歯茎をマッサージするようにやさ

しく磨いてみてください、驚くほどきれいに歯垢が取れると思います。

歯磨き 時間

一番の重要なことは就寝前の歯磨きは必ず行ったほうが良いです。プラークと呼ばれる歯垢は食べ物のカスではありません。これは、最近のかたまりなのです。このプラークがどんどん繁殖を繰り返して、増えていくので、就寝前の歯磨きを行わないで寝てしまうと、寝ている間にどんどん増殖を繰り返して、虫歯になりやすい環境になってしまいます。また、歯周病の原因にもなりかねませんよね。 しっかりとプラークを落とそうと思ったら、一般的には約10分くらいかかるようです。 個人差はあると思いますが、2~3分の歯磨きはちょっと短い気がしますね。 力を入れて磨くと歯や歯茎を傷めるので優しくが基本です。 しっかりと磨いて、歯周病予防をしましょう!! 発売から15年500万本の販売実績!歯周病専門薬用プロポリスハミガキ【プロポデンタル】